便秘の時に食物繊維が良いと言われる理由

便秘の時に食物繊維が良いと言われる理由

便秘の時には、食物繊維が良いと言われることは知っていても、それがどのように作用するかは実はよくわからないという人は少なくありません。その食物繊維についてご紹介します。

 

食物繊維は、二種類ある

 

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。便秘の時によりと言われるもので海藻やこんにゃくがありますが、これは水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維の特徴は、便に水分を与え柔らかくして排泄できるように作用するところです。カチカチ便が出て困るという人は、水溶性食物繊維を摂取すると便を柔らかくすることが期待できます。

 

また不溶性食物繊維は、イモ類や野菜類の食物繊維のことを言います。女性でダイエット中に便秘に悩まされる人が多いですが、これはダイエットにより食事摂取量が減り、便の量自体が少なくなってしまったために排泄されなくなってしまうのです。そして不溶性食物繊維は、摂取するとお腹の中で膨らむために、便の量をかさまししてくれるのですね。便の量が増えるので、便を排泄しようという動きにつながるのですね。そして便秘解消へと導いてくれるのです。

 

このように二つの食物繊維は、別の異なる作用を持っているのです。

 

自分の便秘のタイプを知り、食物繊維を摂取することが大切

 

食物繊維を取る時には、まず自分の便秘はどのタイプであるかを知り摂取することが大切です。例えば、便がカチカチな人が野菜やイモをたくさんとると、便がどんどん詰まってしまって、排泄されにくくなることもあるのです。そのような便秘の人は、水溶性の食物繊維を取る必要があるのです。このように自分の便秘のタイプを知ると、食物繊維の種類の必要性が理解できるようになります。

 

 

食物繊維は水分と一緒に摂取しよう

 

水溶性の食物繊維は、便に水分を与えます。そのため、食事の時に十分に水分を摂取することが大切です。便にあげられる水分がないと、便は水分を含むことが出来ないからです。また水分を摂取すると、腸の蠕動運動も促進されるので便秘の解消には効果があります。

 

食物繊維と油も大切

 

ダイエット中は油物を極力とらないようにしているという人もいますが、便の中に油分が少なくなると、腸の中をスムーズに動けなくなります。そのために少量の油はどうしても必要なものなのです。例えば海藻を食べる時にオイルドレッシングをかける。イモのてんぷらを食べるという方法です。油を使いすぎるといけませんが、食物繊維と油を摂取するのは便秘解消のためには必要なことなのです。