二の腕を健康的に若々しく保つためにもストレッチで対策

二の腕を健康的に若々しく保つためにもストレッチで対策

二の腕は年齢が脂肪となってあらわれやすい部位ですが、年齢を重ねてもノースリーブなどの若々しいファッションをしたい場合、二の腕をきれいにシェイプアップしていくことが大切です。

 

 

 

まず年齢による脂肪のつきかたについて、ポイントをあげてみるとどうしても若いときよりも脂肪が垂れ下がって見えてだらしないふうに見えてしまうという悩みが多いのではないでしょうか。
なぜこのようなことが起こるかというと、筋肉の筋の間に脂肪がついてしまうことが原因であり、これは霜降りと同じ状態なわけなのです。

 

 

ではこれを防ぐために、はりのある若々しい二の腕をキープしていくにはどうしたらいいかというと、筋肉の筋を老化させないことが必須なのです。
というのも筋繊維と呼ばれる部分は消耗品であり、コンスタントに生まれ変わります。

 

けれど年齢が上がるにつれてそれがうまくいかなくなり、古い筋繊維が残りやすくそこに脂肪が貯まってしまうのです。
これを予防するためには常に二の腕の筋繊維を新陳代謝よくさせるということです。

 

 

そのためには二の腕の筋肉を効率的に動かすことが重要になりますが、なにもダンベル上げなど過酷な運動をしなくても筋繊維はしっかり新しくさせることができます。
それは筋を伸ばすということであり、簡単なストレッチなどでかまわないのです。

 

そうすることで古い筋繊維が切れて新しい筋繊維へのサイクルが順調になります。

 

 

そのことで脂肪が二の腕につきにくくなり、また年齢が如実にあらわれる霜降りっぽい二の腕にならずにすむのです。
ただそのストレッチにはポイントがあります。
それは筋繊維を伸ばしているということを意識することです。

 

 

その伸びた感覚を10秒程度キープすることが肝心で、それによりしっかり古い筋繊維が伸ばされて生まれ変わるための一歩になります。
筋肉は繊維なのでどうしても古いと柔軟性が弱くなりがちです。

 

 

なのでストレッチをすることで柔軟性が増すということは新しい筋繊維への切り替えがうまくいっているということです。
二の腕を健康的に若々しく保つためにもストレッチで対策をしましょう。