美肌を守るためには、とにかく紫外線から肌を守ることがポイント

美肌を守るためには、とにかく紫外線から肌を守ることがポイント

10代や20代の人の肌は、きめが細かくファンデーションなしでも問題ないくらいきれいなものです。

 

 

夏の強い日差しを受けてこんがり小麦色に焼けた肌は若さの象徴であるかのようにみえます。しかし、若いときに蓄えた紫外線は10年後の肌に影響を与えてしまいます。

 

 

以前は、子供は外に出て太陽の日差しをたくさん浴びることこそ健康的だと言われてきました。私も春も夏も太陽に素肌を照らされて大きくなった一人です。しかし、10代20代で浴びてきた紫外線が30代になってから悪さを始めたのです。最初は、顔の一部に転々と茶色のしみをみつける程度でした。ファンデーションを塗ってしまえば目立たなくなっていたので、たいして気にもとめていませんでした。しかし、30代後半になるとしみの数はどんどん増え、一部のしみが盛り上がり始めたのです。増えてしまったしみを隠すために、ファンデーションを厚塗りするようになりました。しみは隠れるけれど、今度は化粧が肌に負担をかけ、しわが増え始めたのです。しわは、加齢によって筋力が低下することも原因の一つです。

 

 

しかし、乾燥は小じわの原因になります。化粧を濃くするならば、メイク落しと保湿も手厚くする必要があるのです。

 

 

加齢によって、多少しみやしわができることはやむを得ないのかもしれません。しかし、若いときにもう少し肌を紫外線から守ってあげていれば、しみは少なく化粧も薄く済んだのかもしれません。肌を美しく保つためには、紫外線に肌をさらさないことが大切です。すでに現在、肌にしみやしわがあるからといってあきらめる必要はありません。なぜならば、今紫外線から肌を守ることで、10年後の肌に影響があるのです。肌が受けた紫外線のダメージは、すぐにあらわれません。また、一生懸命紫外線から肌を防御しても、しみが消えることはありません。でも、現在浴びている紫外線の影響は10年後の肌にしみとなってあらわれてしまうのです。

 

 

美肌を守るためには、とにかく紫外線から肌を守ることがポイントです。紫外線から肌を守るグッズは、日傘や帽子だけではありません。楽しみながら自分に合ったグッズを探してみてはいかがでしょうか。