若いねと声をかけられる肌になるための正しいケア

若いねと声をかけられる肌になるための正しいケア

30歳を過ぎたころから気になってくるのが肌の老化です。

 

 

老化は日々の心がけで防ぐことができます。若いねと声をかけられる肌になるために、正しいケアをしていきましょう。

 

 

老化予防

 

 

乾燥、ニキビ、シミ、毛穴…気になる所だらけで、どこから手を付けていいのやら迷ってしまいます。これらの悩み全部に共通して言える基本があります。それは、洗顔・保湿です。どんなにシミに効くと評判の美容液だったとしても、基本の洗顔と保湿ができていなければ意味がありません。ザラザラでカスカスの肌では美容成分も肌の奥までしっかり届かないのです。

 

 

洗顔が大事だということで、やりがちなのが洗浄しすぎてしまうことです。とくにニキビ肌の方は、皮脂を取ろうとして過剰な洗顔になりがちです。過剰な洗顔は、乾燥肌の方にはよりひどい乾燥を招きます。油性肌の方ですと、油脂が足りないと肌が判断し、より多くの油脂を出してしまいます。洗顔は肌に刺激を与えてはいけません。そこで私がおすすめするのが、洗顔用のこんにゃくパフです。こんにゃくから作られており、ぷにぷにとしたやわらかいスポンジです。このスポンジで洗顔するときには、洗顔料はいりません。ぬるま湯のみです。こんにゃくパフをぬるま湯に付けてふやかし、肌を優しくクルクルとなでるように洗顔します。

 

 

決して力を入れて強くこすってはいけません。使い始めはあまり肌に変化を感じないでしょう。しかし、一週間、半月、一か月と経つうちに肌が滑らかになり手で触った時にびっくりします。また、小鼻の角栓なども自然に取れていて、毛穴詰まりも軽減します。そして何より、洗顔後の化粧水の吸い込み具合が違います。こんにゃくパフで洗顔を始める前は、化粧水を塗っても肌の表面にただ乗っているだけといった感じで肌の中は乾燥しているようでした。

 

 

しかし、こんにゃくパフ洗顔でつるつるになった肌には、どんどん化粧水が吸い込まれていくのがわかります。何度も重ねづけをした後は、肌の奥までしっとり。その後のメイクの乗りも抜群です。この方法を続けていると、悩みであった乾燥や毛穴は目立たなくなりました。ニキビもできることがありません。今はシミ対策に美白美容液を使っていますが、こちらも表面に乗っているだけではなく肌に浸透しています。基本の洗顔と保湿をまずは見直してみてください!

 

 

老化を防ぐための食事

 

 

老化を防ぐ為には、偏らない食事をする事が大切です。

 

 

長寿の日本人を調査すると、歳をとっても偏らない食事内容である人が多いです。

 

肉などもしっかり摂っていたりして、驚かされるほどです。また、ストレスを減らして充分に睡眠を摂る事が大切です。そのためには、アレルギーなどの病気を治す事が大切です。アレルギーを治すには、腸内を理想的な状態にする事が大事で、予防にもなります。肉をたくさん食べると腸内環境を悪くしがちなので注意すべきです。

 

一般的にヨーグルトがいいイメージがありますが、実際は、ヨーグルトの有効成分は、腸まで届かないと言われています。

 

 

胃液で消滅させられていると言う説が有力です。根菜類や大豆を食べるのが良いです。乳酸菌を含む漬物も良いです。また、腸内環境を良くするアプローチ以外では、ニンジンの皮のカロテンがアレルギーの症状を緩和する報告があります。健康的な食事の基本となるのは、青魚です。青魚は知能レベルの維持にも良いです。知能の高さと寿命は比例しがちです。

 

 

ご飯やパン、麺、じゃがいも、フルーツも多く摂らないようにする方が老化防止になります。食べる行為は消化液などを出して、身体にとても負担が大きいです。必要な栄養を摂取したのなら、それ以上の無意味な消化はさせない方が体には優しい食生活であると言えます。スーパーのお弁当や、スナック菓子など、酸化した油が使われていそうなのは、肝臓の負担が大きいので食べない方が無難です。また、お菓子は、カロリーがとても多いバランスの偏った食べ物です。食事は1食2食では影響は微々たるものですが、1週間、2週間と食べていくうちに、徐々に影響は大きくなっていきます。

 

病気が発症した時に、そう言えばダメな食生活を長い間していたなーと気付きがちです。脂質は重要な栄養素だと言う人がいて、肉をよく食べる人がいますが、油は、和食でも充分にあるのです。肉は、日本人の腸には消化しにくいのです。腸に適した物を長年に渡り食べるのが、長期的に良い結果をもたらします。

 

 

若返りにおすすめしたいサプリ、すっぽん小町はこちら