あごニキビができる一番の原因はホルモンバランス

あごニキビができる一番の原因はホルモンバランス

『ニキビ』と言うと若者にできる事が多い、脂っこい物を食べ過ぎ…という様なイメージが強いですが、大人が悩むニキビの中に『あごニキビ』があります。

 

 

勿論食生活等も原因の1つかもしれませんが、特に女性の場合の一番の原因はホルモンバランスだと思います。
生理前になると出やすい、ストレスが溜まると出やすいという事が多いと思います。

 

生理前は一歩譲って仕方がないとしても、ストレスはある程度軽減できます。

 

そしてストレスの軽減と言っても、仕事や人間関係のストレスはなかなか軽減しろと言われても難しい事です。
ではどうすれば?と言いますと、女性ならまず「ニキビを気にして化粧品で隠す」事に時間をかけない様にします。

 

とは言っても、ファンデーションをしない事自体に抵抗がある方は沢山いると思いますので、少しずつ・できる時だけで始めれば良いのです。
まず長時間ファンデーションをつけたままにしない(外出時以外はすぐ落とす)、外出の必要がない日はノーメイクで過ごす。この積み重ねでだいぶ変わってきます。

 

ファンデーションで毛穴を塞いでしまうという欠点からと思われるかもしれませんが、洗顔にも落とし穴があります。
メイクをしているとW洗顔をする方も多いと思います。

 

 

そしてよく「ニキビのある時はこまめに洗顔を」と耳にしますが、過剰な洗顔は肌の余分な脂分も取ってしまい乾燥してしまいます。

 

つまりオイリー肌によるものであったり、食生活があったりで皮脂の過剰分泌が原因である場合もありますので一概に言いきれませんが、乾燥もニキビにはよくありません。
男性のあごニキビは髭反りが原因という事も多い様に、やはり乾燥が原因の1つにもなりかねません。

 

その様な事からも洗顔は最低限に抑え、しっかりと保湿をする事が治していく第一歩だと思います。

 

要するに外的なストレスに加え「なかなか治らない」「この顔では外に出るのが恥ずかしいからファンデーションを厚めに塗らなくては」というのも、立派なストレスとなりますので、まずはそのストレスを軽減する為にも、ニキビが気になる時はメイクをしたままの時間を減らす事も対策の1つだと思います。